【年間】リタの小銭ラク稼ぎサロン お申し込みフォーム

リタ@小銭ラク稼ぎのプロ
【年間】リタの小銭ラク稼ぎサロン
99,980 円(税込み)
2024/07/23
99,980 円(税込み)
12ヶ月


(任意)
領収書の宛名に使われます
AdBlock をオフにしてF5を押下してください。
デビットカード利用可

利用規約

副業オンラインスクール利用規約

本規約は、⟪リタ⟫(以下「運営者」という)が提供する「リタの小銭ラク稼ぎサロン」に関し定めたものです。リタの爆益サロンの申込みにあたっては下記の条項に同意したものとし、また、利用者は本規約を十分に理解した上でリタの小銭ラク稼ぎサロンを利用するものとします。

第1条(定義)
本規約において、使用する用語の定義は、次の各号に定める通りとする。
【運営者】⟪リタ⟫をいう。
【利用者】本規約に同意の上、運営者にリタの爆益サロンの利用を申し込み、所定の審査を経て、その承認を受け、利用資格を付与された者をいう。
【本サービス】運営者が利用者に対して提供するリタの爆益サロンをいう。
【独自案件】運営者が利用者に対して提供する、不特定の副業案件をいう。

第2条(趣旨)
1.本サービスは、利用者が特定の目的に沿って利用するために提供されるものとする。
2.本サービスは、利用者が実施する副業の手法について指導するものであり、その結果については保証しないものとする。
3.利用者は、本サービスを利用することで発生する一切の責任を負うものとする。

第3条(本規約の変更)
1.本規約は本サービスを利用する全ての利用者に適用されるものとする。
2.運営者は、本規約を予告なく変更、追加することができる。
3.運営者は、本規約を変更、追加したときは、速やかに利用者に通知するものとする。
4.変更後の規約は、運営者が別途定める場合を除いて、利用者に通知した時点で効力を生じるものとする。
5.本規約の変更、追加の効力が生じた後、利用者が本サービスを利用した際には、変更・追加後の本規約の全ての記載内容に同意したものとみなす。

第4条(入会)
1.本サービスを利用する者は、運営者に利用の申込みをする。
2.運営者が申し込みを承諾する場合、利用者に会費の決済を求め、利用者が会費を決済することで、本規約に同意したものとみなし、契約が成立するものとする。
3.不正入会または、不正入会の幇助が確認にされた場合は、損害賠償として50万円を請求する。
4.無料お試し期間は会費がかからないものとするが、当該期間内に退会の申し出がない場合は、入会したものとみなし、会費を支払うものとする。
5.契約手続き完了後、運営者は利用者のメールアドレスに、discordリンクURL及び会員専用サイトのURLを送付し、本サービスの提供する。

第5条(会費の支払)
1.本サービスの開始は、利用者の会費支払いを確認後とする。
2.会費の支払いは、運営者の指定するクレジット決済とする。
3.必要費用が未納な場合、運営者は当該利用者へのサービスの提供を停止することができる。尚、如何なる理由があろうと一度入金した会費等は返金しないものとする。
4.運営者は返金保証について、運営者の特定商取引法に基づく表示に掲載された条件に該当する場合を除き対応しないものとする。
5.利用者が返金を希望する場合、利用者はリタの小銭ラク稼ぎサロンサポート用公式LINEに返金の旨を送信し、条件の確認を進めながら返金手続きを行うものとする。

第6条(サービスの提供方法)
本サービスは以下の方法で提供されます。
1.テキスト教材の提供
2.セミナーの実施
3.独自案件及び各種副業の紹介
4.個別サポート

第7条(権利の譲渡禁止)
1.利用者の資格は、利用を承認された者(法人の場合は代表者) のみに付与されるものとし、その譲渡(合併、会社分割等による地位の継承、事業譲渡、株式 の譲渡及び法人代表者の変更等による利用者資格の付与を含む)は禁止する。但し、法人利用者の 代表者変更の場合で事前の審査の結果、運営者が利用者資格の付与を認めた場合はこの限りでない。
2.利用者資格について、質権の設定その他の担保に供する等の行為は禁止する。

第8条(退会及び解約について)
1.利用者が退会を希望する場合、利用者はリタの小銭ラク稼ぎサロン用公式LINEに「解約希望」(「」は入力しません)と送信し、運営者より送信されたGoogleフォームにて退会手続きをするものする。解約手続きは3〜5営業日以内に行うものとする。
2.運営者は、利用者が以下のいずれかの行為を行った場合には、利用契約を解約することができるものとする。
・本サービスの利用規約に違反した場合
・不正な目的で本サービスを利用した場合
・本サービスを利用して違法行為を行った場合
・会費の支払いが確認できない場合
・その他運営者が不適切と判断した場合

第9条(禁止事項及び利用者資格の停止並びに強制退会処分)
 運営者は、利用者が以下の何れかに該当すると判断した場合、理由の如何を問わず、利用者への事前の通知又は催告を要せず、利用者資格を一時停止し、または利用者資格を剥奪して強制解約処分とすることができ、その際に損害賠償として金50万円を請求する。
1.本規約並びに副業オンラインスクール運営に関連し作成、告知された規則に違反した場合
2.本サービスの複製及び第三者への開示、競業事業の運営行為
3.本サービスの著作権情報やその他の表示を削除、変更、隠蔽する行為
4.本サービスを利用して違法行為、不正行為を行う行為
5.本サービスを利用して第三者の権利を侵害する行為
6.運営者の名誉を毀損する行為やインターネットへの書き込み
7.その他、運営者が不適切と判断する行為

第10条(利用者資格の停止の効果)
 第7条における支払いが確認できない場合運営者は、利用者の利用資格を一時的に停止することができ、利用者資格の停止期間中は、全ての本サービスの利用を停止する。

第11条(保証の否認及び免責)
1.運営者は、本サービスが利用者の特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、利用者による本サービスの利用が利用者に適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること、継続的に利用できること、及び不具合が生じないことについて、明示又は黙示を問わず何ら保証するものではありません。
2.運営者は、本サービスの利用により発生した利用者の損害、及び、本サービスの提供に関連して利用者又は第三者が被った著作権侵害を含む損害について、一切の責任及び損害賠償責任を負わないものとする。
3.本サービスに関連して利用者と他の利用者または第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、利用者が自己の責任によって解決するものとする。
4.本サービスに関する不具合について、運営者は可能な限り速やかに対応するが、その完全な解決を保証するものではないものとする。

第12条(知的財産権について)
1.本サービスに関する知的財産権は、全て運営者に帰属するものとする。
2.利用者は、本サービスによって得た情報を許可なく複製、改変、公開することはできないものとする。

第13条(分離可能性)
 本規約のいずれかの条項またはその一部が、法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとする。

第14条(準拠法及び管轄裁判所)
1.本規約の準拠法は日本法とする。
2.本規約に起因し、または関連する一切の紛争については、運営者の所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。
確認画面へ
ご注文いただくと、利用規約 および プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。